お客様の声

オーナー様の声01

5年ほど前、顧問の税理士からアクロスコーポレーションを紹介され、大阪府の1棟マンションを購入しました。

その前から北摂と南大阪で所有し、現在は関西で3棟のマンションをアクロスさんに管理を任せています。

アクロスさんに管理をお願いするようになってから、満室経営が続いているので非常に満足しています。2棟のマンションを地元の不動産会社に管理を任せていたときは、しょっちゅう空室がでていましたから。募集活動する際もアクロスさんなら室内にカーテンや照明器具、観葉植物などの備品を設置してくれるのに対して、以前の業者は室内が汚れていてもあまり気にならない様子でしたからね。アクロスさんの社員さんは本当よくやってくれるんですよ。わたしが知っている管理会社と比べても、信頼度は格段に上で任せっきりでも何一つ心配ない。その位満足度が高いですね。それに、社員教育が行き届いている。電話対応ひとつとっても、こちらが意見すると、次ぎの時にはきちんと改善されている。客の声に耳を傾けてきちんと反映する姿勢には本当、好感が持てますよ。

オーナー様の声02

5年ほど前にアクロスさんからマンションを購入し、現在4戸のオーナーです。オーナーになり本業以外の所得が増えたことで、家計全体のバランスを考えながら買い物をするようになりました。自宅のパソコンでバランスシートと損益計算書をエクセルで作成し、月次ごとに管理するようなりました。今では妻と二人で月の初めに食事をしながらミーティングをするのが恒例行事となっています。また、マンションを購入する際にローンを組んだので、余剰資金があればその都度繰上げ返済も行っています。

不動産投資で入居者の管理を自分で行うという選択肢もありますが、サラリーマンでは入居者さんに満足いただけるほどの迅速な対応が困難だと思います。その点アクロスさんは24時間対応できる管理サービスを提供してくれているので入居者の方も安心してくれるのではないかと思います。

このように書くと、順風満帆のように思われがちですが、実は2年ほど前に所有物件の室内で死亡事故が発生しました。アクロスさんから連絡があり入居者の方が自殺を図ったとのことで担当者の方が、今から警察の方立会いの下、現地を確認するとのことでした。このときは本当に驚きました。まさか自分の部屋で自殺者がでてトラブルに巻き込まれるなんて、これからどうなるのか不安が頭をよぎりました。

その後、アクロスさんから「室内を解体し設備等を入れ替えて斬新なデザインでリノベーションすれば、入居者は付きます。」との提案でした。たしかに、室内が丸ごと新品に変われば、場合によっては事故が気にならない方もいると思います。しかし、その物件は比較的新しいので、リノベーションするには少しもったいない気がしますし、なにより施工費用に300万円という大金を投じて、賃貸が付かなければ無駄な投資になってしまいます。
このときばかりは、いくら信頼しているアクロスさんからの提案でもそう簡単に二つ返事というわけにはいきませんでした。
ところが、意外なことに担当の方は、費用はいっさいかからない。という。詳しい話をきくと、事故があった直後、担当の方が入居者であった連帯保証人の方と折衝し、費用負担において合意を得たらいしのとのことでした。
工事費用を負担していただけるなんて、思ってもいませんでしたのでこのときは本当に驚きました。

それもそのはず、事故直後わたしは自分では解決できない問題だと思い、業界や法律に精通している専門家に相談したところ、あまりいい返事をいただくことができなかったので、今回は泣き寝入りするしかないと、反場諦めていたところだったのです。まさか、わたしのためにそんなことまでしてくれていたなんて本当にアクロスさんに感謝しています。

後から聞いた話ですが、アクロスさんは連帯保証人の方に、その部屋の買い取りすることまで折衝してくれていたそうです。
そして、さらにうれしいことに、その部屋の工事を請け負ってくださったアクロスさんの提携業者の社員さんが、斬新なデザインを気に入ってくださったようで、借りたいとの申し入れがありました。無事、新しい入居者が決まったお蔭で工事期間の2ケ月ほど賃料が入りませんでしたが、現在も同じ方にお住まいいただいています。不動産業法では、事故があった部屋の売買・賃貸の契約を締結する際、告知する義務があるそうです。なので、このようなケースだと賃料は相場の半額と聞きたことがあります。しかし、幸いなことに今回相場の賃料で賃貸借することができ、かつ、室内がグレードアップしたことで相場の価格で売却できそうです。

不動産投資をはじめる前には思ってもみないトラブルに巻き込まれましたが、アクロスさんの対応は誠実かつ迅速で、まさにプロの仕事だと感じました。この間わたしがやったことは、アクロスさんからの電話報告を聞く位で、それ以外ほとんど何もしていません。

現在、4戸を所有し、毎月の賃料は25万円ですが、これを退職までに40万円に増やし、ハッピーリタイアメントを目指しています。もっとも、その間に社会情勢や様々な事情でうまくすすまないこともあるかもしれません。不動産投資は短期では思うような結果がでないものだと思います。ゆっくりと焦らず、じっくりと不動産投資で自分も成長したいと思っています。今後とも 末永いお付き合いを どうぞよろしくお願いいたします。

オーナー様の声03

不安定な時代にあって会社からの給与だけに依存するリスクを意識するようなりました。このまま少子高齢化がすすみ年金の加入者が少なくなれば、老後、年金だけでは賄うことはできないのは明白です。現金は心強い味方ですが、この低金利の時代では利息もつかず、ましてやインフレにでもなれば目減りする一方です。これではリスクへの対応策してはあまりに消極的です。これから必要なのはリスクを抑えつつ「資金」を「資産」に移し換える「投資」だという考えに至り不動産投資をはじめることを検討しました。
アクロスコーポレーションのセミナーに参加して、その決意は強くなりました。
無理せず、コツコツと収益を上げ、資産を拡大するモデルが自分に合っていると感じたのです。
不動産投資は毎月賃料がコツコツと現金で収入を得られるところが魅力です。それも、自分が働けなくなったとしても毎月の賃料収入が見込めるのでこれほど、心強いものはありません。

ロゴ