マンション投資とは?

私的年金代わりとしても注目されています!

年金問題は自己責任の時代だから、
将来に備えるための「私的年金」として。

年金支給年齢の引き上げ、年金支給額の切り下げ、高齢者への医療・介護費用の個人負担の増加など、不安要因が増加するなか、さらなる実労働人口の減少と高齢者の増加から公的年金そのものの破綻までもが噂されている今、公的年金だけに頼っていては安心できる老後は迎えられません。

●住宅ローンを使えば、少ない自己資金でマンション経営を始められます!

●ローンが完済すれば家賃収入はそのまま不労収入(私的年金代わり)に!

今の家計を圧迫させずに、将来の収入源を得られる。
それがマンション経営なのです。

生命保険などの個人年金を見直して
マンション経営をされる方もいます!

個人年金保険の場合、受領年齢に達するまでは保険料を払い続ける必要があります。当然その間は収益を得られません。

その一方で、マンション経営は、ローンの返済が残っていても家賃収入で返済ができ、上手に資金計画を立てれば、少しずつでも毎月の収益を作れます。
さらに、ローンを完済した後は家賃収入がそのまま安定した収入となります。

また、個人年金は死亡すると給付がなくなってしまいますが、マンション経営だとマンションという資産を残すことができるうえ、家賃収入もきっちり受けとれます。

このように、マンション経営は生命保険の代わりとしても注目されています。



マンション投資の4つのメリット

ロゴ