マンション投資とは?

生命保険代わりとしても注目されています!

オーナー様に万が一のことがあった場合、
残債が消滅し残るのは
”ローンのないマンション”です。

ローンを組むと同時に「団体信用生命保険」に加入します。
これは万が一にもオーナー様が死亡した場合、または一定以上の高度障害になった場合、この「団体信用生命保険」によってローン残債が支払われます。

●残されたご家族はマンションを無借金で相続することができます
●それ以降も安定した家賃収入を受け取ることができます
●インフレなどによる保険金額の目減りもありません

また、商品によっては、寝たきりや認知症など、所定の要介護状態に該当したときに保険金が支払われる介護保証制度や、がん、急性心筋梗塞、脳卒中という3大疾患を保証するものや、高血圧症、糖尿病、慢性肝不全、肝硬変、慢性膵炎の5大疾病を併せて保証するものなどもあります。(※詳しくはお問い合わせください)


このように、マンション経営は生命保険の代わりとしても注目されているのです。



マンション投資の4つのメリット

ロゴ